プロペシアとAGA

プロペシアはAGAという症状があらわれている人にだけ効く薬です。
AGAとは、男性型脱毛症のことです。
ここでは、プロペシアがなぜAGAに効くのかを解説していきます。
まず、AGAとはある種の男性ホルモンが毛根の成長を阻害する症状のことです。
その原因となるのがジヒドロテストステロンという男性ホルモンの1種になります。
ジヒドロテストステロンは男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素の働きによって変質したものです。
プロペシアは5αリダクターゼの発生を抑えて、テストステロンがジヒドロテストステロンになるのを防ぎます。
これによって、毛根の成長を阻害する物質は抑制されて、髪の毛が順調に成長していくのです。
以上がプロペシアの働きになりますが、プロペシアには注意点があります。
それが副作用です。
プロペシアが働きかけて抑制をするジヒドロテストステロンは性欲にも重要な働きを持っています。
よって、プロペシアを飲むことによって性欲が減退してしまう人も中にはいるようです。
プロペシアを飲むときは必ず病院に行って経過を見てもらいましょう。
副作用が出た時は相談できますし、安心につながります。
プロペシアをうまく使ってAGAの改善を行っていきたいですね。

ハゲの種類も色々ある

一言でハゲと言っても色々な種類があります。

日本人で最も多いのがAGAなんですが、だからといってAGAだけがハゲの全てではありません。

そもそもAGAは男性型脱毛症で男性ホルモンが悪影響を及ぼすことによるハゲですから女性にはありません。

女性における薄毛では出産後の薄毛なども考えられます。

またストレスによる円形脱毛症などもあります。

なのでハゲを治療するうえで大切なことは一体どのようなハゲなのか種類を特定することです。

種類を特定することなしに、有効的な治療など出来るはずがありません。

ハゲの特定にはお金がかかる場合がありますがまずはAGAクリニックや皮膚科などの病院に通い遺伝子検査やその他の検査をしっかりと受け、自分がどの薄毛に該当するのかを特定するようにしましょう。

ハゲの種類が特定できればそこから自ずと治療法が見えてきます。
一番だめなのがハゲの原因を自己判断でして誤った治療をしてしまうことです。

これはハゲ対策に効果がないだけでなく人体に悪影響を及ぼす可能性も考えられます。

日本語の諺で急がば回れというものがありますが、まさにその通りだと思います。

一日でも早くハゲの治療をしたいと思う気持ちは大切ですが焦るあまり治療の土台をおろそかにしないように心がけてくださいね。

ハゲで悲観的になるのはもったいない

ハゲの悩みで悲観的になっている人って男性、女性問わずかなりいます。

もちろん男性の方が多いのだけれども。

でもハゲだからと言ってそんなに悲観的になる必要はありません。

一昔前のように育毛剤や病院などが気休めでしかなかった時代ではありませんので。

AGAだったら専門のクリニックに通えばかなりの高確率で育毛に成功しますし、
AGA以外のハゲ・薄毛でも効果的な薬は沢山販売されています。

なのでしっかりと対策を練ればハゲの悩みはほぼ間違いなく解決されるのであまり悲観的になる必要はないと思います。

ただやはりハゲを治すためにはコストがある程度は必要になります。

なのでハゲで悩むよりお金を稼げないことのほうがしっかりと考え悩んだ方がよいと思います。

とはいえお金を稼ぐことも少しあたまを柔軟にすればそこまで難しいことではありませんので、

いまあまり稼いでいないとしても総悲観的にならないようにすることが大切です。

とにかくハゲで悲観的になっても何も得することが無いし、ただの時間の無駄です。

それよりもハゲを克服した時を想像してワクワクしたり、前向きに考えるようにしましょう。

人生は前向きな気持ちでいないと良い風は吹きません。

悲観的なところに幸運の風なんて絶対に吹かないのです。

なのでハゲで悲観的になるのはもったいないですし、本当にムダで神経をすり減らすだけなのでやめましょうね。

もっと気軽に考えるようにしましょう。

AGAなんて怖くありません

AGA(男性型脱毛症)であると医者から診断されたからと言って悲観的になる必要はありません。

なぜなら現代の科学をもってすればAGAは克服できる悩みになったからです。

昔はハゲになったらそれは遺伝の問題で受け入れるしかないという風潮がありましたが、現代に至ってはそのような風潮はもう時代遅れです。

確かにAGAの要因として遺伝的なものはあるのでしょうが、それ以上の原因があることが近年の研究で明らかになりました。

AGAの一番に理由は強力な脱毛作用のある男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の増加ということが分かってきました。

つまりDHT(ジヒドロテストステロン)の発生を抑制できれば抜け毛を防止することが出来るのです。

そして現代においてはDHT(ジヒドロテストステロン)の発生を抑制する薬もすでに開発されています。

だからAGAだからといって悲観的になる必要はまったくなく、AGAでも前向きに生きることが可能になったのです。

ただAGAを克服することが出来るからと言って安心しきってはいけないと思います。

なぜなら安心しきっているとAGAがどんどん進みハゲが進行してしまい、治療に長い時間を費やすことになりかねないからです。

どのような疾患もそうですが、早めに対処し治療することが一番です。

AGAについて詳しい理解をしそして適切な治療を早く行えばAGAなんておそるるに足りません。

なのでAGAでも悲観せずでも楽観せず前向きに生きましょう。

このブログではAGAに効果的な薬の紹介はもちろん、AGA以外のハゲに効果的な育毛法、その他育毛とは全く関係のない社会情勢やお役立ち情報、おすすめの商品の紹介など多ジャンルにわたって紹介してまいりたいと思います。

話題があっちにいったりこっちにいったりすることがありますが、その辺はご容赦下さいね。